「国際フロンティア産業メッセ2020」の愛知県ブースに、環境技術をテーマとして出展する企業等を募集します

2020年6月8日

〇 愛知県では、循環ビジネスの普及・促進を図るため、産業廃棄物税※1を活用して、大型展示会に愛知県ブースを確保し、優れた環境技術を有する県内企業等に広報・宣伝及びビジネス拡大の機会を提供しています。

 

〇 この度、「国際フロンティア産業メッセ2020」(神戸国際展示場 9月3日(木)~4日(金))の愛知県ブースに、自社で開発した3R※2製品や資源循環・省エネ等の優れた環境技術を出展する企業等を募集します。

 

〇 なお、愛知県ブースでは、本県の循環ビジネスの支援施策も紹介します。           

       

       ※1 産業廃棄物税とは、愛知県内の最終処分場に産業廃棄物を搬入する場合に課される税金で、2006年4月1日から導入しています。

       ※2 3R:リデュース(排出抑制)・リユース(再使用)・リサイクル(再生利用)

 

        詳細は以下のWebページをご覧ください。 

     https://www.pref.aichi.jp/soshiki/junkan/hassin2020.html