物質フロー解析

recycle photo

物質フロー解析は、愛知県における資源の消費量、廃棄物の発生量、およびその循環利用量をわかりやすく表示する方法です。いろいろな産業、過去と現在を比較することで、私たちの地域が持続可能な社会へ近づいているかを知ることができます。

様々な物質フロー解析

当サイトでは、愛知県における物質フロー解析として「リサイクル量」、「物質フロー」、「廃棄物発生量・再生利用量分布」、「循環指標」、「予測モデル」の5つが検証可能です。

リサイクル量

EUと日本、および愛知県における一人当たりのリサイクル量を国別にを比較しました。 愛知県の一人当たりのリサイクル量は、EU諸国と比較して非常に高いことがわかります。

リサイクル量国別比較

物質フロー図

私たちがどれだけの資源を採取、消費、廃棄しているかを把握するために、愛知県内の物質フロー(物の流れ)を産業連関表を基に分析し、図示します。この物質フロー図は、県内資源循環の問題点を明確にし、今後の政策の方向性を決める重要な指標の一つとなります。

物質フロー図を見る

廃棄物発生量・再生利用量分布

愛知県内における廃棄物の発生量、再生利用量を推計し、自治体、地域ごとに地図で表示します。お住まいの地域からどれくらいの廃棄物がどれくらい排出されているのかがわかります。

廃棄物発生量・再資源利用量分布を見る

循環指標

各種統計資料を基に、愛知県の資源循環を様々な観点から分析します。県内産業はもとより、一般企業、家庭における循環指標及び目標値を表示し、ものづくり王国・愛知県の資源循環を定量的に評価することができます。

循環指標を見る

予測モデル

循環型社会構築に向けた産業間の可能性、及び企業の事業実施による廃棄物削減効果を予測します。

廃棄物の削減効果を予測してみる