ゼロエミッション事業モデル

 あいちZEC構想では、地域によって異なる産業集積や未利用資源の存在状況、エネルギーを利用する暮らしの姿に応じて、最適な事業計画を検討・立案し事業化していきます。  その検討のベースとなるのが、モデルとなる先導的な事業「事業モデル」です。ゼロエミッション・コミュニティ構想を推進するため、まず可能なところから「事業モデル」の事業化に取り組む一方、新たな「事業モデル」の創出に向けた検討を行っていきます。

事業モデル

 愛知県には、大都市圏と豊かな自然が近接しており、工業地域、商業・住宅地域、農業や畜産を中心とした地域、森林地域等多様な地域があります。  「ゼロエミッション・コミュニテイ構想」を進める際には、地域それぞれの特性を活かした事業内容を検討し、展開を進めることが重要です。  そこで、地域特性によって大まかにゾーン分けし、地域の特性にあった「事業モデル」を提案します。  具体的な事業化の際には、事業モデルをベースに地域の特徴に合わせた計画を検討していきます。

zec_model.gif

事業モデル一覧のダウンロード

事業モデルの展開イメージ(1MB)

モデル1・2(622KB)

モデル3・4(505KB)

モデル5・6(537KB)

モデル7・8(659KB)

モデル9(545KB)