ゼロエミッション

ゼロエミッションとは

 大量生産、大量消費、大量廃棄の社会構造を持続可能な循環型社会に変えるために1994年に国連大学が提唱したコンセプトで、社会全体での排出物(Emissions)をゼロにするという考え方です。

単独の企業では廃棄物をゼロにすることは難しいですが、発生する廃棄物を別の産業での原料として利用することにより、全体としての廃棄物発生量をゼロにしようという方法です。そのためには、まず各企業が廃棄物の発生量を削減し、再生利用ができる形で排出する工夫や、再利用が可能な企業、受入規格についての情報交換が必要となります。


国内の先進的な企業において、様々な取り組みが行われ、企業ごとに若干定義は異なるものの、埋立廃棄物、焼却処理廃棄物の排出ゼロが達成されており、更に、設計・工程・原材料の見直しを行い、排出物の有用物化、有価物化による廃棄物ゼロを目指す企業もあります。