資源循環情報システムとは

このサイトについて

このサイトは、愛知県・環境パートナーシップ・CLUB(通称:EPOC)・豊橋技術科学大学が協力して企画し、作成しました。

愛知県では、平成16年9月28日策定の「あいちエコタウンプラン」において、事業者・研究者・NPO・地域住民等の参画による先導的な循環ビジネス創出の手がかりとするため、3R等の環境関連情報の整備を目指しています。

この目標を達成すべく、循環ビジネス創出のための情報発信・交換の場として、「資源循環情報システム」を開設しました。

このサイトでは、物質フロー解析、資源循環情報データベース、エコプロジェクトファイル、環境学習ソフトの4つの機能を提供します。


本システムの主な目的

  1. 地域の特性をふまえた効果的・先導的な循環ビジネスの創出及び活性化に必要な各種データを蓄積し、活用していただきます。
  2. 本県における物質・資源・廃棄物の流れを環境負荷を定量的に把握する「物質フロー」を作成し、物質フローの動態化、事業効果シミュレーション分析、環境負荷低減効果予測により、資源循環の現状把握と将来予想をお手伝いします。

利用方法

著作権について