あいち資源循環ナビ 愛知環境賞

2005年 優秀賞有限会社三和建材

カスケードリサイクルボード(エコパル・パネル)

連絡先

有限会社三和建材

岐阜県岩地2-9-32
TEL :058-248-0277

受賞のポイント

廃プラスチックや古紙を用いたコンクリート型枠の製造に係るリサイクル技術の開発に取り組み、今後本技術を活用した事業化の展開による環境保全効果が期待できる点が高く評価されました。

概要

カスケードリサイクルボード(商品名:エコパル・パネル)は、廃プラスチックと低級古紙のみを原料とした板であり、コンクリート型枠用の熱帯雨林合板(ベニヤ板など)に替わる材料として開発されました。製造技術は実証プラントにおいて確立済です。

先進性・独創性

カスケードリサイクルボードは、現在ほとんど再生資源として利用されていない廃プラスチック(ペットボトルのキャップ等)と低級古紙(マンガ本等)を原料としていますが、型枠に使用するために必要な強度及び寸法(1800×900mm)のフラットなパネルにする事は、プラスチックと紙の熱膨張率が異なるため非常に難しく、成功した先例がありません。世界唯一の技術です。

環境負荷低減効果

本技術は、廃プラスチック等の廃棄物を焼却処理にたよらず、再資源化する事により、近年社会問題になっているゴミ問題の解決に役立つと共に、熱帯雨林合板輸入を大幅に削減できることから、地球環境保全に大きく貢献できるものと考えております。尚、環境負荷低減効果は、名古屋大学によるレスキューナンバーにより証明済です。

啓発効果

ペットボトルのキャップ(P.Pポリプロピレン)やラベル(P.Eポリエチレン)とマンガ本(低級古紙)という身の回りにあるものから作られるので、誰でも解りやすく啓発効果が高いと思われます。また、廃棄物を焼却や埋め立てに頼らず、再資源化し環境負荷を低減するカスケードリサイクルの典型例として啓発効果が大きいと考えられます。

カスケードリサイクルボードの事業基本構想