あいち資源循環ナビ 愛知環境賞

2006年 金賞日本ガイシ(株)、大成建設(株)、UFJセントラルリース(株)、(株)テクノ中部、中部鋼鈑(株)、愛知県田原市

一般可燃ごみからの炭化物製造・リサイクル事業

連絡先

日本ガイシ株式会社 エンジニアリング事業本部プロジェクト計画部

名古屋市瑞穂区須田町2番56号
TEL :052-872-7288

受賞のポイント

本グループは、業種の異なる企業と行政が連携して、一般可燃ごみから炭化物を製造するごみ処理施設の建設・運営をPFI方式により取り組み、ゼロエミッションの実現に貢献したことが高く評価されました。

概要

愛知県内に拠点を置く5社が出資して設立した特別目的会社[グリーンサイトジャパン(株)]が、田原市から発生する一般可燃ごみ、可燃性粗大ごみ(木製家具、畳、布団、絨毯、剪定枝等)を炭化処理し、炭化物を電気炉製鋼用のコークス代替等として有効利用するごみのリサイクル事業を実施しています。

リサイクル事業

先進性・独創性

本施設は、愛知県田原市がPFI方式を採用して全国で初めて100%民間会社にごみ処理を委託することで整備し、平成17年4月より実用運転を開始したものです。企業5社が各自の得意分野での優れた技術、ノウハウ、ネットワークを結集してごみ炭化リサイクル事業に取り組むことで、炭化物の長期安定的な有価販売先確保、ごみ処理費用の削減、全国でもトップレベルの排気ガス基準値での運転等を実現しています。また、炭化物利用先企業が出資参加することで製品に対する要望等を設備設計に反映できるため、付加価値の高い炭化物製品が製造でき、これまでの公共事業では実現が困難であった一般ごみの資源化物を有価で全量販売することを可能にしています。

環境負荷低減効果

本事業の、流動床式炭化炉を用いた一般可燃ごみ炭化処理の環境負荷低減効果は以下のとおりです。

啓発効果

本施設では、ごみ処理のイメージを払拭する建物デザインを採用し、小学校の社会見学、老人会、婦人会等の見学を積極的に受け入れるとともに、自由な施設見学やホームページ開設などによる情報開示に力点を置いた運営を行っています。また、市の広報、地元ケーブルテレビにおいて、ごみの3Rの大切さ等について市民に幅広くアピールし、地域の環境意識向上のために貢献しています。更に、最先端の炭化処理技術を採用した先進的なごみ処理PFI事業として全国で注目されており、県内外の自治体等からの施設見学も非常に多くなっています。

施設について

炭化物製造フロー