あいち資源循環ナビ 愛知環境賞

2007年 優秀賞株式会社すぎた

販売した容器の全量回収を目指して

連絡先

株式会社すぎた 総務課

岡崎市井田西町7-24
TEL :0564-65-3366

受賞のポイント

缶やびんの回収について、消費者にとって利便性の高い常時回収を行い、リサイクルを実施するとともに、その収益を消費者や地域へ還元することによって、資源循環の意識啓発に貢献したことが評価されました。

概要

酒販店として「販売した容器の回収は販売した側の責任」というコンセプトのもとに「販売した容器の全量回収」を目標にして資源リサイクルに取り組んでいます。

以前からビール瓶・一升瓶などのリターナブル瓶については、年間350万本以上を有償で回収して来ましたが、近年消費量が増大しているアルミ缶(缶ビールや缶酎ハイなど)の回収が課題となって来ました。そこでアルミ缶の回収を最重点課題として準備を重ね、平成10年から全店で回収を開始しました。

回収方法は、缶を持参したお客様に数量に応じてポイントを発行し、一定のポイントが貯まると商品と交換する方法をとっています。平成12年からスチール缶も同様の方法で回収を開始しました。

先進性・独創性

自治体の空き缶回収日が2週間に1回程度という中で、当社に持参すればいつでも引き取ってもらえるということで消費者に支持されて来ました。また、ポイント還元することで、資源として再利用出来るということをアピールするとともに「残留物がないよう水洗いして持参して下さい」ということを訴えてきた結果、回収量の増加だけでなく、アルミ缶に含まれる不純物の割合が1%以下という質の高い状態を保っています。

200701401.jpg

環境負荷低減効果

アルミ缶の回収量は平成18年10月末に1,000トンを超しました。縦に並べると地球を1周する数量です。これを大型トラックで運搬した場合、プレスした状態で100台以上、プレスしない丸缶のままの状態だと1200台以上が必要とされます。

アルミ地金1トンを製造するのに必要なエネルギーは、ボーキサイトからでは2万キロワット、アルミ缶などからでは600キロワットと言われています。1,000トンでは約1,990万キロワットのエネルギーの削減となります。

売却金額も累計で1億円を超え、お客様へ直接還元した額も4,000万円以上となります。平成18年はアルミ価格の高騰により売却額が急増しました。スチール缶の回収量は平成18年末で100トン強です。

200701403.jpg

啓発効果

アルミ缶を売却した収益でお客様にはポイント制で商品として還元していますが、そのほかにも店舗所在地の自治体や社会福祉協議会にアルミ製車椅子121台を、延べ500箇所以上の保育園・幼稚園に自転車や三輪車、乗用玩具など1800台を寄贈して来ました。

その際リサイクルの意義を訴え、園便りなどに趣旨を掲載していただいています。

200701404.jpg