あいち資源循環ナビ 愛知環境賞

2007年 銀賞株式会社三進製作所

資源化センターシステム

連絡先

株式会社三進製作所 企画管理課

犬山市羽黒貴舩浦1の2
TEL :0568-67-0451

愛知ブランド

http://www.aichi-brand.jp/

受賞のポイント

県内のめっき処理事業者の半数以上をネットワーク化し、めっき廃液中の重金属を回収・再使用する事業システムを確立して、30年以上にわたって廃棄物の削減と資源循環に貢献したことが評価されました。

概要

メッキ作業現場の水洗工程から排出される希薄な廃水に含まれる重金属を可搬式容器(商標:パトローネ)に充填したイオン交換樹脂で吸着し、処理水は水洗水として再利用します。重金属吸着が飽和状態に達したイオン交換樹脂は容器ごと当社で引き取り、犬山工場内の「資源化センター」に運搬して再度重金属吸着が可能な状態に再生します。再生は吸着した金属ごとに分別して行い、再生で発生する重金属を含む濃厚廃液は種類別にスラッジ化して精錬所での材料となります。スラッジは金属に姿を変え、再度メッキ工程などで使用されます。

特長

●設置が簡単な可搬式

簡単な配管を行うだけで設置したその日から水洗槽を無排水にできます。

●引き取り再生で取り扱いは簡単

イオン交換樹脂の再生は「資源化センター」で行うため、面倒な再生作業は不要です。

●銅・ニッケルと水をリサイクル

再資源化のメリットを得にくい金属をリサイクルし、産廃汚泥を削減するだけでなく、水道水以上の水質で水の再利用が可能です。

●性能低下は当社が監視

イオン交換樹脂の吸着性能は次第に低下します。当社は可搬式容器の全てに性能低下の監視を行っています。

200700801.jpg

実績

資源化センターではメッキ工程を持つ愛知県内約150の事業所のうち80社以上からの引き取り再生にお応えしています。「資源化センターシステム」は引き取り再生が困難な北海道と沖縄を除いた日本国内を対象にしており、年間6,000本以上のパトローネを再生しています。これは50万トン以上の水資源再利用に相当し、ユーザーの水の使用量と工場排水の削減による環境負荷低減に貢献するだけでなく、全国のメッキ工程の安定操業と品質の維持・向上を支えています。

200700802.jpg