あいち資源循環ナビ 愛知環境賞

2015年 特別賞豊田合成株式会社

省エネルギー(低炭素)社会の実現に向けた青色LEDの事業化

連絡先

豊田合成株式会社

清須市春日長畑1番地
TEL :052-400-1055
http://www.toyoda-gosei.co.jp/

受賞のポイント

青色LEDの事業化・量産化に成功し、低消費電力・長寿命の特長を有するLEDを世界的に普及させるとともに、我が国にノーベル物理学賞をもたらすことにも側面的に貢献したことは、省エネルギー社会の発展に大きく寄与するものと高く評価された。

概要

LEDは小型、低消費電力、長寿命といった特徴を有するため近年ではパソコンやスマートフォンなどに用いられる液晶バックライトや照明の光源において急速にLED化が進むなど、ますます、その適用分野が広がり、社会から「LED=省エネ」と期待されています。

当社は本年度ノーベル賞を受賞されました赤﨑教授、天野教授のご指導のもと1986年から青色LEDの研究を開始し世界で初めて開発に成功、1995年には事業化を開始しました。青色LEDを活用した当社のLEDは世界トップレベルの性能を有し、今後も高輝度、高効率等にさらに磨きをかけ省エネルギー(低炭素)社会の実現に向け貢献して参ります。

青色LED

先駆性・独創性

照明用途の他にIT、車載、医療、植物育成など様々な分野で開発

  1. 照明分野…蛍光灯、電球、ダウンライト、スポットライトなどさまざまな照明光源や用途に合わせた製品を量産しています。これにより、店舗、街路灯、一般照明まで幅広く採用されています。
  2. IT分野…急速に普及が進むスマートフォンやタブレットPCといったタッチパネル式のIT機器は画面に保護シートが施されているためバックライト光源も一般パソコンより更に高輝度なLEDがもとめられ、当社では高輝度と低消費電力を両立させた高効率LEDを量産しています。
  3. 自動車分野…1台のクルマには数十点の照明部品が搭載されています。これらをLED化することによって「長寿命」「低燃費(重量レス)」「デザインの自由度アップ」など多くの効果が期待でき、当社では様々な車載用LEDを量産しています。

用途(照明、IT、自動車分野)

環境負荷低減効果(例)

普及・啓発活動として当社の社内照明のLED化を推進

[1]2011年度から5年計画を3年に前倒しして、現在設置してある国内全事業所の蛍光灯約7万本をLED照明に切り替えCO2排出量を1,810t-CO2/年削減しました。

蛍光灯からCO2排出量を約30%削減

[2]2013年度から計画的に現在設置してある国内全事業所の水銀灯などの高天井照明約3000台をLED照明に切り替えCO2排出量を1,700t-CO2/年削減する予定です。

水銀灯からCO2排出量を約60%削減