循環ビジネス支援

支援の内容循環ビジネスの事業化支援

愛知県循環型社会形成推進事業費補助金

廃棄物のリデュース、リサイクルや資源の地域内循環を推進するため、先導的・効果的な機能を持つ施設の整備やビジネスの事業化検討に要する経費の一部を補助します。
募集期間:3-4月

主な補助メニュー

リサイクル関係施設整備事業

●他の事業者から排出される廃棄物を原料として新たな製品を製造するための施設整備

●工事費、設計費、設備費(用地及び上屋は対象外)

●限度額 5,000万円

●大企業1/3、中小企業1/2以内

排出抑制関係施設整備事業

●事業者が自ら排出する廃棄物を抑制するための施設整備

●工事費、設計費、設備費(用地及び上屋は対象外)

●限度額 5,000万円

●大企業1/3、中小企業1/2以内

循環ビジネス事業化検討事業

●先導的な循環ビジネスの事業化の可能性の検討事業(フィージビリティ・スタディ)

●調査費(自社で行う調査)、研修・指導費、調査委託費(外注する調査)

●限度額 500万円

●大企業1/3、中小企業1/2以内

※補助金内容などを変更する場合があります。当該年度の募集案内などをご確認ください。

補助金の活用事例

製造業、廃棄物処理業、農林水産業など幅広い事業を対象に、発電機、分析装置、選別機などの設備費を始め、設計費、工事費などを補助対象としています。また、循環ビジネス事業化検討事業についても様々な事業に対して補助金を交付しております。以下に、これまでの活用事例を紹介していますので、参考にしていただき、是非、当補助金の活用をご検討ください。

事例

リサイクル

  • 分 野機械工業
  • 事業者設備メーカー
事業内容:
廃油、廃液のリユースのためのろ過システムの構築
対象設備:
ろ過装置、遠心分離装置、簡易型分析機
ポイント:
リユースによるコスト低減と環境負荷低減、客先への出前再生処理

事例

リサイクル

  • 分 野廃棄物処理
  • 事業者廃棄物中間処理業者
事業内容:
使用済み小型家電とギロチンダストからの金属回収とプラのリサイクル
対象設備:
トロンメル、ソーター、トランス
ポイント:
独自の選別・リサイクルラインによるリサイクルの高度化

事例

排出抑制

  • 分 野畜産
  • 事業者養豚農家
事業内容:
家畜ふん尿による小規模バイオガス発電システム
対象設備:
メタン発酵槽、発電機、脱硫設備、ポンプ、熱交換器など
ポイント:
家畜ふん尿の有効活用、メタン発酵の小規模化

※事業の内容が先導的・独創的であれば、一般的な設備・機器でも対象となります。

活用事例動画

株式会社 小桝屋

独自技術による廃棄物の高付加価値化事業システム

2020愛知環境賞名古屋市長賞

株式会社 毎日商会

混合廃棄物の管理型最終処分量大幅削減と資源化を実現する業界初のシステム

2018愛知環境賞優秀賞

株式会社 紅久

小型家電および金属リサイクル事業における金属と、プラスチックの分離をほぼ完全に行う業界初の乾式ライン

2017愛知環境賞銀賞